Tinの和み屋

日々の気がついたことなど

 朝晩は涼しくなってきて
 すでに秋の気配です
 でも日中はまだまだ暑いですね

 先週は大型の台風が来ると脅されて
 帰省を一日遅らせたりしましたが
 結果的には大したこともなく,ほっと一安心

 無事に送り火も済ますことができましたし
 さらに帰る道中にある山にも登れて
 頂上の赤とんぼの乱舞に癒されました
 登山道でマムシの後ろ姿を見たときには
 ギョッとしましたけど・・・

 さて昨日は
 久々の図書館へ

 ◯返した本
 長月天音 ほどなく,お別れです ☆☆☆ 
  きっちり仕事ができる人を見るのは気持ちが良いです
 戸南浩平 菩薩天翅 ☆☆☆
 山本 弘 怪奇探偵リジー&クリスタル 読んでました・・・
 畑野智美 神さまを待っている ☆☆☆☆
  読んでて辛いよ・・・
  自分は幸運にもここまでの環境になったことはないし
  どこか別の世界の出来事だと思っていましたが
  読むにつれて,自分の生活とも地続きの
  リアルな物語なんだ,と辛く恐ろしくなりました
  愛の生い立ちや背景を知るにつれて
  無力感や喪失感がひしひしと感じられ
  このような人々が自ら立って生活できるような
  そんな世界になればいいのにと願わずにはいられません
  ただ,最後はちょっとだけご都合主義かも?
  でもこれくらいがちょうど良いのかもしれませんね

 ◯借りた本
 彩瀬まる 森があふれる
 泉ゆたか お江戸けもの医 毛玉堂
 奥田亜紀子 ファミリー・レス
 森見登美彦 夜行

 そして本日は

 午前中は近場の里山へ
 水害以来訪れていませんでしたが
 以前はよく登っていたので気になっていた山です

 昨日の雨のせいか,かなり道が濡れていて
 また途中から1匹のアブがしつこく付きまとうので
 あまり道中が楽しめませんでした・・・

 頂上付近で珍しく下山するおじいさん二人組と出会い
 挨拶をしてお別れし,こちらは頂上を目指します
 じきに頂上につきましたが,そこは一面の夏草

 夏草の茂る場所には大量の蚊がいたので
 逃げるようにして所々にある岩の上に腰掛けて
 さっさと持ってきたパンで昼食にします

 曇り空だし風もあるので
 すっかり汗も引いて,遠くの景色を見ながらの昼食
 頂上が草刈りしてあれば,もっとくつろげるのになぁ
 と,ちょっと残念に思えます
 やっぱり晩秋から冬にかけての方がこの山は良いのかも?

 飛び回るクマバチに囲まれながら
 すこしのんびりしましたが
 にわか雨が降り出したので,さっさと下山です

 下山後に駐車場まで戻ると
 先ほどのおじいさん達と出会いました
 なんと下山中に間違って別の場所に降りたとのこと
 大変でしたねと労いましたが,道迷いは怖いですよ
 自分も気をつけないといけません・・・

 地元の山を巡るのも楽しいですが
 やっぱり管理された山の方が快適だなぁと
 つくづく思った一日でした

 来週からは雨が続きそうです
 いっそう秋に近づきますね
 すこし遠くの山に行きたくなります