Tinの和み屋

日々の気がついたことなど

 ずいぶんとご無沙汰です
 4月に入って,結構忙しくて
 日記も書けていませんでしたね

 まあ,私生活でも
 こたつぶとんに甘酒こぼしてコインランドリーで洗濯したり
 ベランダの植木鉢を整理したり
 色々とやってはいるんですが・・・

 先週末から
 久々に風邪をひいて,喉が痛いは,微熱は出るはで
 さらにこの日曜日は偏頭痛まで被ってくるはで
 久々に天気のいい週末が,寝たきりになってしまいました

 体調悪い中に
 唯一行ったのは,図書館
 今行かないと,GWずーっと借りれませんからね

 まだ頭痛が残っているので,簡単に

◯返した本
 木内 昇 よこまち余話 ☆☆ 幻想系は合わないなぁ
 逸木 裕 少女は夜を綴らない ☆☆☆ ほとんど最後まで救いがなくて辛い
 奥山景布子 葵の残葉 ☆☆☆ 様々な想いが詰まった歴史物って大好き
 浅野里沙子 白い久遠 ☆☆☆ え,最後はそこに収まるのか

◯借りて返した本
 北村 薫 八月の六日間 ☆☆☆☆ いつかこんな登山してみたい,夢です
 中村理聖 若葉の宿 ☆☆☆ 主人公にあまり魅力が無いのがなぁ
 綾瀬まる 眠れない夜は体を脱いで ☆☆☆☆ ああ・・宝物のような短編集

◯借りた本
 内山 純 土曜はカフェ・チボリで
 山田彩人 眼鏡屋は消えた
 澤田瞳子 腐れ梅
 秋吉理香子 暗黒女子

 月曜日からは
 また忙しくなります
 体調が戻ればいいんですけど・・・
 病院いけるかなぁ
 年末進行の他にも
 突発的な仕事が降りかかってきて
 あたふたしっぱなしの一週間

 やっと落ち着いたと思ったら
 人事異動で周りの環境が激変してしまって
 来年度が思いやられます・・・

 さて,先週末は買い物で潰れてしまい
 里山に行けませんでした
 今週こそは!と意気込んでの週末です

 と言うことで

 土曜日は,掃除洗濯
 金曜日夜から仕込んでいたフランスパン作り
 図書館と盛りだくさんの用事を済ませます

 ◯返した本
 瀧羽麻子 松ノ内家の居候 ☆☆☆ 面白かったのですが,最後焼いちゃうのはな〜自分なら絶対無理
 宮木あや子 ヴィオレッタの尖骨 ☆☆☆ 久々のドロドロ系宮木節ですね,大好物です
 梶村啓二 惑星の岸辺 ☆☆☆☆
  SFを書く人でしたっけ?というのが最初の印象
  でも,読み進めるうちに,いつもの静謐な文章と展開に引き込まれます
  葵がムラサキの体を通して出現するのは最後までカラクリがわからなかったけれど
  他者(と)の記憶が自分の存在を確固たるものにするというのは
  そうなのかもしれないなあ,と思ったり
  独り身の自分はどうすればいいの?って苦笑したり
  どちらにせよ,葛城やムラサキの方に感情移入してしまったので
  甘南備の行動は最後までちょっとモヤモヤしてしまう
  最後は辛うじてハッピーエンドではあります

 ◯借りた本
 木内 昇 よこまち余話 読めなかったので再度
 逸木 裕 少女は夜を綴らない
 奥山景布子 葵の残葉
 浅野里沙子 白い久遠

 日曜日は,朝から良い天気
 もう桜の便りも届いているので
 風が吹いてもかなり暖かです

 朝からおむすびを作って
 一人用のコッヘルで作る鍋の材料を刻んで
 お昼前には家を出て,里山へ

 今日の山は,もう何度も行っている里山ですが
 今までとは別の登山口から登ります
 登山口から頂上まで距離が短いので
 面白みが無いのか,あまり利用されてないみたい

 案の定,登山口の駐車場は自分だけ
 道中も,葛折りの登山道には人の姿も見えず
 ウグイスの声を楽しみながら,ゆっくりと登ることができました

 東ピークの岩テラスで一人鍋をしてのんびりと過ごします
 春霞なのでしょうか?遠くの風景が霞んで見えますね
 結局,1時間ほど滞在して,他のピークを回った後に下山

 登山口に東屋があったので,そこで携帯ラジオを聴きながらお茶
 お湯を沸かして紅茶を入れて,パウンドケーキをいただきます
 山下達郎のサンソンがいいBGMになりました

 今日は
 形の面白いヒゲノカズラ,咲き始めた馬酔木,開ききったふきの花,が印象的
 桜は,まだ,少し早いみたいですね
 今週は年末進行で忙しかった
 まあ,まだまだ続くんですけどね

 残業帰りに,久々にうどん屋さんに寄ったのですが
 以前はペロリと食べられたメニューが
 今は多いなあって思う・・・年齢ですかね?

 さて,今週末は土日とも晴れ
 土曜日は久々に図書館など
 そろそろ美容院へも行かなきゃ

 ◯返した本
 小川 哲 ユートロニカのこちら側 ☆☆☆
  個人情報ってどんな価値があるのだろうか?
  企業が個人情報を使ってマネタイズできる世界の理屈が知りたい
 奥山景布子 たらふくつるてん ☆☆☆☆
  江戸落語の祖の鹿野武左衛門のお話
  全然知らなかったので,時代背景含めて大変面白く読めました
 周防 柳 蘇我の娘の古事記 ☆☆☆☆☆
  大化の改新の時代の物語で
  まだ天皇が大王と呼ばれて,豪族との信頼で選ばれていた時代
  ちょっと伝奇物風にもなっていますが
  コダマとヤマドリの愛らしさに,ワクワクして読み進めていけます
  中臣鎌足や中大兄皇子の描写は,今まで抱いていたイメージを覆してくれます(笑)
  古事記の作者は実は・・・なんて所にも通じて,非常に切なくも面白いお話でした
  それにしても,古事記神話の豊かなイメージは素晴らしいなあ・・・

 ◯借りて返した本
 深沢 潮 緑と赤 ☆☆☆ はあ・・重い,知英が落ちていくのが辛かった
 村木美涼 窓から見える最初のもの ☆☆ かなり甘いお話ですね
 津久井五月 コルヌトピア ☆ 設定もお話も面白く無いなあ・・・SF大賞ですか
 松崎有理 あがり ☆☆ 論文代筆屋というアイデアは面白いけど
 畑野智美 シネマコンプレックス ☆☆☆
  連作短編でクリスマスのシネコンを舞台にしています
  短編によって,主人公と職種がそれぞれ違うのが面白い!
  ただ,5年前の事件を最後まで引っ張っておいて
  それかーって感じにはなったかな?まあ,怖いんですけど
  トーキョーさんにもドラマがあると思うなぁ

 ◯借りた本
 木内 昇 よこまち余話
 梶村啓二 惑星の岸辺
 瀧羽麻子 松ノ内家の居候
 宮木あや子 ヴィオレッタの尖骨

 日曜日は
 朝からフランスパンを焼いた後に
 おむすび作って,里山に出かけます

 今回は初めて行く山なので
 慎重にネットで情報を集めて,地図も印刷して
 ポイントも書き込んで,準備万端で臨みました

 今はGoogle Mapもあるので
 登山口が車道に面していれば,家にいながらアプローチの予習もできます
 ありがたいなぁ

 今回の山は,急な斜面を登る必要があり
 また,登山及び下山ルートの分岐に不明瞭なポイントがあるらしく
 トレッキングポールも携行し,慎重に登りました

 確かに斜度は今までに経験が無いくらい急で
 さらにフカフカの枯葉が積もっていて,とにかく滑りやすい!
 結局,登山道で少し迷って,縦走路で一度転び,と一筋縄ではいかない山でした
 でも,楽しかったぁ,雉にも出会えましたし

 主峰の南にある反射板の開けた場所で,お昼を調理して食べて
 縦走した先の360度視界の広がる場所で,お茶を沸かしておやつ
 本当はもっと先まで行く縦走コースがあるんですけど
 今回は無理しないことにして,下山です

 家に帰って,お風呂に入って
 洗濯してたら,もう夕方
 疲れたけれど,今週末も充実してたな〜ってシミジミ・・・

 そういえば,今回も,誰とも会わない山行でした
 気がつけば,もう3月です
 これから年度末に向かって
 色々と忙しくなりそう・・・

 天気予報では
 土曜日は晴れ,日曜日は雨,とのことだったので
 土曜日は急いで家の仕事を済ませて
 里山に行ってきましたよ

 お昼に家を出たので
 以前にも行ったことのある近場の里山へ
 今回も,お昼ご飯を頂上で食べますよ!

 お寺の裏に目的の山があるので
 一言,お寺に挨拶をしてから登山開始です
 お寺の方が言われるには,先に誰か登ってるとのこと
 マイナーな山なのに,物好きもいるんですね(笑)

 以前に登った時は晩秋だったし
 道も荒れていたので,あまり良い印象ではなかったのですが
 今回はかなり道が整備されていて,気持ちの良い山行に

 まだ若葉が出てきているわけでは無いので
 森の様子からは春めいている感じはしないのですが
 登るにつれて,暑く感じるのが春らしいかな?

 ほとんど休憩せずに頂上につきましたが
 どうやら,先行していた人は下山したみたいで
 頂上独り占めとなりました

 この里山の頂上は
 低山ですが360度ほぼ視界があり
 さらに頂上にベンチが数カ所あるので
 クッカーでの料理も楽,という穴場です

 早速バーナーでお湯を沸かして
 鍋の素と野菜と冷凍餃子を入れて,餃子鍋を作ります
 暖かいとは言え,頂上は風も吹くので,やっぱり鍋は最強
 家で作ってきたおにぎりと一緒にいただきます

 結局,頂上で1時間以上ものんびりとして
 食後の紅茶とおやつまで食べて
 ゆっくりと下山して帰りました

 いや〜,癒されますね・・・
 週末のお昼にこんな場所を独り占めできるなんて
 田舎に住んでてよかった,って思いましたよ

 さて,続いての日曜日
 天気予報では雨だったのに,いつの間にか晴天の予報
 しかも気温もすごく上がるとのこと

 朝のうちにフランスパンを焼き終えて
 お昼前に,ちょっと遠くの大きな街まで出かけました

 久々に街の中心部まで出たのですが
 人の多さに,とにかく圧倒されまくり・・・
 もう街には住めない体になってしまったのかなあ
 なんて思ってしまいます

 早々に家に帰って
 遅めのお昼を食べると,もうぐったり
 こたつの中でうとうとしてたら,もう夕方

 はあぁ,やっぱり,こうゆうので,いいんでよすね
 最近は雪がすごいですね
 私も先日の3連休は田舎に帰ろうと思っていたのですが
 例年に無い雪の量で,断念しました
 実家では雪かきが大変だったとか
 ご苦労様です

 そして今週末
 連休では無いので,実家には帰らず
 フランスパン用の小麦粉も品切れで
 ぽっかりと日曜日の予定が空いてしまいました
 そして,とても天気が良い

 となれば
 今年初の里山に行くしかないですよね!
 昨年の12月頭以来ですから2ヶ月ぶりです
 さっそく,お昼を食べに近所の里山に登ってきました

 風が吹けば,まだまだ寒いので
 しっかりと着込んで登り始めたのですが
 アウターを一枚脱ぐくらいに暑く感じます

 さらに
 ブランクが長かったせいか体が重く(物理的にではない)
 すぐに息が上がり始めます
 まあ,最初から急な坂が多い山なんですけどね

 乾燥した落ち葉でふかふかの登山道は
 ともすれば,滑りやすく
 しばしば立木に助けられながら登る事に

 いつもより少し遅いペースで頂上に到着
 頂上付近の陰になった斜面には
 まだ少し残雪も見られて驚きました

 頂上にある岩のテラスで,早速お昼ご飯の準備
 風が少しあるので,アウターを再度着込んで
 先日ベランダで試したクリームスープパスタを作ります

 風が強い事を予想していたので,バーナーの風対策に
 レンジフードを切って作ったアルミ風防を持ってきたのですが
 具材を炒めたり,パスタを茹でたりという作業がとても楽にできて
 大正解でした

 ほぼ料理が完成した頃に
 別の登山者が登ってこられました
 お話好きなおじいちゃんで,ゆで卵と八朔をおすそ分けしていただいて
 色々と話をしながらのご飯となりました

 結局20分くらいご一緒して
 先に下山するとのことで,頂上でお見送り
 いつもは一人の山行ですが,たまにはこんなのもいいですね
 遠くに見える山の名前を教えてもらったり
 勉強になりましたよ

 その後
 下山途中の鉄塔で,お湯を沸かしてコーヒーとおやつを食べて
 食べ過ぎた感を持ちながらの帰路
 う〜ん,里山に登るたびに
 カロリー摂取量が増えてる気がするんですけど!!

 家にたどり着いて
 お風呂に浸かって,洗濯をして
 こたつに入ると,もう夕方

 嗚呼,今日は充実した日でした・・・